いなば歯科 いなば歯科

貝塚市 いなば歯科の診療について 予防歯科 インプラント 歯周病治療 小児歯科 顎関節症・金属アレルギー ホワイトニング デンタルドック







貝塚市いなば歯科へのお問い合わせ、ご予約は


年齢が若くても歯磨きの仕方が悪いと、実は歯周病が着々とあなたの口の中で進行しているかもしれません・・・。 歯科医の間では、日本のおよそ80%の人が、歯周病にかかっていると言われています。あなたは大丈夫?
   
歯槽膿漏(しそうのうろう)とはちがうの?
「歯槽膿漏」は、その感じが一部の状態を想像させるように、歯槽骨(歯の周りの骨)が溶けて歯の周りからうみや血が出て、歯がグラグラ揺れている状態を指 します。「歯周病」は、その進行状態から歯周組織の病気のはじまりである「歯肉炎」と、炎症がさらに進んだ「歯周炎」とにわけられます。「歯槽膿漏」は、 一般に進行した「歯周病」の症状をあらわしていると考えられます。
   
歯周病って何?
歯周病は口の中の細菌による感染症です。
他の病気で例えると「高血圧」や「糖尿病」のように慢性的な病気ですので、重症なものは一生治療が必要となります。原因となる細菌 は十数種類と言われていて、病気などにより身体の抵抗力が落ちた時に、その進行が早まったりしがちです。
   
年齢が若い時期からの予防が重要
目に見える症状(歯肉がはれる、歯がグラグラする等)が表れてくるのは割と年を重ねてからですが、この病気のスタートは、わりと若い時たとえば中学生や高校生の頃からです。いかに日頃の歯磨きなどのケアが大切かがわかりますね。 みなさんの誰もが、歯磨きが大切であることは十分ご存じで、歯磨きを毎日されていると思います。もしかしたら昼食後もきちんと歯磨きをされているかもしれません。あるいは値段の高い歯磨き粉を使われているかも。でも歯磨きの仕方が正しくなかったら・・・。 当院にお越し頂ければ、口の中の状態を定期的にチェックさせていただき、歯磨きの仕方もご指導させていただきます。あなたの歯のライフタイムケアを、ぜひ当院にお任せください。

貝塚市の歯科 いなば歯科